トップページ > 世界とつながる千駄ヶ谷 > 異文化交流

 

異文化交流

養成講座受講生と日本語学習者との交流活動

千駄ヶ谷には、日本語クラスで日本語を学ぶ外国人学生がたくさんいます。
遠足や、実際の日本語クラスでの授業に参加する交流授業などで、彼等と交流する機会が豊富にあります。

千駄ヶ谷日本語学校「ディズニーランド」遠足

2016年12月16日(金)、千駄ヶ谷日本語学校の外国人学生約1,050名と教職員、 養成講座受講生でディズニーランドへ遠足に行きました。

横浜校4月午前クラス 井上 千秋さん

横浜校10月午前クラス 井上 千秋さん

ディズニーランドへの遠足に初級クラスの引率補助として参加しました。

少し緊張して迎えた当日でしたが、彼らの気さくな人柄や、積極的に日本語を話そうという姿勢のおかげで、すぐに打ち解けることができました。

園内では、急にホーンテッドマンションに乗れなくなったり、調子を崩す学生が出たりと予想外のこともありましたが、学生たちは互いを気遣い、臨機応変に動いていて感心しました。また、先生方の分かりやすい指示の出し方も勉強になりました。

「毎日、すごく楽しいです。日本の大学院に行きたいです。」といきいきした表情で話してくれた学生がいます。言葉がうまく出てこなかった時や言い方が少し違っていた時に正しい言葉を伝えると、素直に言い直し、正しく言えて嬉しそうな顔も見せてくれました。それを見て、私も嬉しくなりました。これが、学生をサポートできる日本語教師の魅力の一つなのだと実感できた貴重な体験でした。



高田馬場校10月土曜クラス K.Oさん

とても天気のいい冬の日、引率補助として、ディズニーランドへの遠足に参加しました。 日本語でのコミュニケーションの問題もほぼなく、勝手な行動をする学生もいない、とてもいいクラスと楽しい時間を過ごすことができました。慣れない引率の一日が終わると、緊張が解けたのか心地よい疲れが残っていました。

最初は遠慮がちだった学生達も、出身国の話を聞いたりして打ち解けると、『先生、トイレに行ってきます』、『先生、これは怖いですか』など積極的に話しかけてくるようになりました。日本語教師の卵とは言え学生にとっては先生であり、養成講座受講中の身ながら日本語学習者の学生達と”先生”として一日を過ごすという体験は、普段外国人と友人や同僚として交流するのとは全く違い、とても新鮮でした。そして、新鮮であると同時に教師というのは大きな責任があるのだなと再認識しました。

学生達と直に接したことで、養成講座を受講していく上でのモチベーションも上がり、とても貴重な経験となりました。



千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校「箱根」遠足

2016年7月25日(月)、千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校の外国人学生479名と、教職員、養成講座受講生で、箱根へ遠足に行きました。

高田馬場校4月午前クラス 根本 博子さん

高田馬場校4月午前クラス 根本 博子さん

7月に入学した中国の留学生のクラスを引率しましたが、「先生、たくさんコミュニケーションしてもいいですか」「さようならは失礼しますであっていますか」など、皆さん言葉を選びながら丁寧な言葉遣いで話そうとしてくれました。

学生のみなさんとの会話は新鮮で、日本語を教えるということは言葉だけではなく、物腰や態度、相手への気遣いなどを含めた、コミュニケーションとしての言葉の使い方を教えることでもあるんだな、と実感しました。

芦ノ湖の遊覧船ではしゃいだり、箱根の足湯に浸かって熱がったりしている皆さんのかわいらしいこと。 バスの乗降時、積極的にクラスメートをまとめているリーダーたちの頼もしいこと。 土産店で初めて見る漢字を調べたり、標識のことばを質問したりして、課外活動だからこその気付きや学びの機会があったようです。

学生たちが「先生、一緒に写真を撮りましょう」と担任の先生方を慕う場面も多々あり、見ていて嬉しく、また今後の励みにもなりました。

目標を持って学習に取り組む学生たちに接し、日本語教師としてサポートしたいという思いを強くしました。

高田馬場校4月土曜クラス 和田 香絵さん

高田馬場校4月土曜クラス 和田 香絵さん

7月入学の大学院進学を目指すクラスを引率しましたが、担任の先生の話では、会話は入門レベルとのことでした。そのためか、遠足中は学生同士、母語の中国語で楽しく会話をしていました。私は日本語で「写真を撮りましょうか?」「席を替わりましょうか?」と話しかけてみましたが、ジェスチャーでの返事が多く、あまり会話ができませんでした。ですが、お昼にお弁当を配ったときは、笑顔で「ありがとうございます」と言ってくれたので、とても嬉しかったです。

1日学生たちと接しているうちに、会話ができなかったのは、日本語での返事の仕方が思いつかなかっただけなのだと気づきました。同じことを伝えるのでも、担任の先生が言うとすっと理解できるようで、簡単な会話が成立していました。生徒の反応を直に知ることができるとても良い機会でした。



千駄ヶ谷日本語学校「お台場」オリエンテーリング

2016年5月13日(金)、晴天のお台場でオリエンテーリングを開催しました。
千駄ヶ谷日本語学校の外国人学生約800名と共に、養成講座受講生も参加しました。

高田馬場校4月午前クラス 川畑 清嗣さん

高田馬場校4月午前クラス 川畑 清嗣さん

私が引率したのは、この4月に入学した中国、タイ、マレーシアの日本語中級レベルの皆さんのクラスでした。

今回の引率を通して、学生たちが今回の遠足をかなり楽しんで参加していること、異国の色々なことに対する興味をその若さであっという間に吸収していること、国が違ってもクラスメート間で情報交換したり手助けしたりしながら仲良くしていること、彼らが日本語学校と担任の先生に絶大な信頼を置いていることなどを感じ取ることができました。

また、担任の先生が学生の自主性を促し、彼らが日常生活のことでも気軽に質問してくるような信頼関係を構築している姿を見させて頂き、今後の自分にとっての大きな参考とすることができました。

横浜校4月午前クラス 村石さやかさん

横浜校4月午前クラス 村石さやかさん

私は「生徒たちと日本語でたくさん会話をする」という目標を立てて遠足に参加しました。

当日、私が引率したクラスは、日本語を学び始めてまだ1カ月の初級クラスでした。中国の生徒が多いクラスだったので、生徒同士の会話は中国語でした。私は易しい日本語で話しかけてみましたが、未習の単語を使ってしまい、なかなか意味が伝わらず、苦労しました

今回の遠足はオリエンテーリングだったため、クラスのみんなで協力して行動するものでした。生徒たちは徐々に私にも話しかけてくれるようになり、スムーズな会話とまではいきませんでしたが、何とかコミュニケーションを成立させることができました。

遠足に参加し、生徒たちとやり取りができたことは本当に良い経験になりました。先生とも話ができ、今後の参考になりました。

異文化交流 バックナンバー

ページトップに戻る

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00〜17:30(日・祝日除く)