トップページ > 検定対策 > 2つの検定対策 > 日本語教育には二つの「検定」があります

 

日本語教育には二つの「検定」があります

幅広い知識が問われる・・・

【日本語教育能力検定試験】 (公益社団法人日本語教育学会認定)

公益社団法人日本国際教育支援協会が主催。1988年から毎年1回実施され、検定合格は日本語教師の資格の一つになります。出題範囲は「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語一般」の5つの区分からなっており、日本語教育およびそれに関連する幅広い知識とその運用能力が問われます。

日本語教育能力検定試験

教育現場に直接かかわる知識・能力が問われる・・・

【全養協日本語教師検定】

一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協)が主催。2006年から毎年1回実施され、教師採用条件に掲げる教育機関もあります。日本語のルールや指導法など教育現場に直接必要な知識・能力(実践力)が問われます。ある授業をVTRで見て、その授業の問題点等を記述する問題があり、専門的な観点から授業を瞬時に分析する力が求められます。

全養協日本語教師検定

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00~17:30(日・祝日除く)