トップページ > 養成講座修了後のライフパターン

 

養成講座修了後のライフパターン

日本語教師養成講座で勉強した後、どのような未来が開けるでしょうか。
実例に基づいた、いくつかのパターンをご紹介します。
いずれも、養成講座受講中あるいは修了後に「日本語教育能力検定試験」、「全養協日本語教師検定」の合格を前提として考えています。

Pattern 11つの現場継続型

転職して/大学を卒業して、養成講座に入学。養成講座修了後...

  • 非常勤講師
  • 非常勤講師
  • 専任講師
  • 専任講師
Pattern 2海外キャリア志向型
  • 大学卒業後、養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、国内の日本語学校の非常勤講師になる
  • JICA青年海外協力隊に合格し、日本語教師として海外に派遣される
  • 任期修了後帰国し、大学院に入学する
  • 大学院修了後、公的機関の日本語教師に採用され、海外に赴任する
Pattern 3仕事と家庭の両立キャリアアップ型 ①
  • 会社を辞め、日本語教師養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、併設の日本語学校の非常勤講師になる
  • 同校の専任講師になる
  • 結婚し、その後、出産のため、休職する
  • 専任講師として復帰し、その後、教務主任となる
Pattern 4仕事と家庭の両立キャリアアップ型 ②
  • 子供の手が離れ、養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、併設の日本語学校の非常勤講師になる
  • 大学院に入学し、非常勤講師を続けながら勉学に励む
  • 大学院修了後、専門分野のエキスパートとして非常勤講師を続ける
  • 同校日本語教師養成講座の授業も担当するようになる
Pattern 5仕事と家庭の両立キャリアアップ型 ③
  • 会社を辞め、日本語教師養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、併設の日本語学校の非常勤講師になる
  • 結婚し、その後も非常勤講師を続ける
  • 同校非常勤講師を辞め、大学院に入学する
  • 大学院修了後、大学の非常勤講師として日本語・養成講座の授業を担当する
Pattern 6日本語ボランティアスキルアップ型
  • 地域日本語教室の講習を受けて、日本語ボランティアとなる
  • 本格的に支援ができるように養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、地域の日本語ボランティアとして活躍する
Pattern 7前職の経験を活かした第二の人生型
  • 早期退職後、養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、海外の大学で日本語教師になる
  • 前職のキャリアを生かし、同大学でビジネス日本語も担当するようになる
  • 同大学の契約が終了し、同国の他大学に就職する
  • 帰国後、地域の日本語教室で日本語ボランティアをする
Pattern 8大学の教員までのステップアップ
  • 語学留学後、日本語教師養成講座に入学する
  • 養成講座修了後、国内の日本語学校の非常勤講師になる
  • 大学院に入学し、非常勤講師を続けながら勉学に励む
  • 大学院修了後、同大学非常勤講師として留学生に日本語を教える
  • 同大学専任講師となり、日本語教師養成講座も担当するようになる
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00~17:30(日・祝日除く)