トップページ > コラム・ミニ知識 > 日本語教師こぼれ話 > 2018年

 

日本語教師こぼれ話 2018年

初恋はいつですか

私「みなさん、初恋はいつですか。」
学生たち「まだです!!」

高校、あるいは大学を卒業した年齢の人が何人も、もしこのように答えたら、みなさんはどうお思いになるでしょうか。
日本語クラスの中で若干の笑いとざわめきが起きた後で、
「せ……先生は…?」
「私?8歳です。」
「ええええええ!!!!!!!!八?ハチ?じゅうはち??はち??」
と指で8を作るなど、驚きと困惑の表情で教室が少しパニックのような状態になります。

そこで、
「みなさん、初恋というのは、どういう意味ですか。」
「えっと…初めて…恋人がいます。」
「そうですか。みなさんの国では、初めて恋人ができたときが『初恋』なんですね。日本では、初めて好きな人ができたときが『初恋』です。恋人にならなくても『初恋』です。」
「お~~~~~~。」
と目を大きく開き、深く頷く学生たち。パニックも収まります。

これは中国・台湾・香港など、漢字圏の学生を対象とした漢字クラスで、「初」の漢字を勉強したときの話です。学校では週に1~3回程度、漢字のクラスがあります。 漢字圏の学生が日本でも漢字を学習する目的は、
①日本の漢字を学ぶ(国の漢字を書いても日本人は分からないため)
②日本語の読み方を知る(漢字圏の学生は、漢字を見れば意味が大体わかりますが、読み方がわからなければ聴解問題や会話の際に分からないため) ③日本語の意味を知る(同じ漢字でも意味が異なることがあるため)
があり、今回のケースは③に当たります。
「同じ漢字を書きますが、意味が違うんですね。」
このように、折に触れ漢字を学ぶ目的を意識させながら授業を進めるようにしています。

意味の違いが分かったところで、もう一度。
「では皆さん、初恋はいつですか。」 「う~~ん、7歳!」「13歳!!」「まだです!!!」(それでも!?)
と、告白大会が始まるのでした。(吉川)

学生からのプレゼント

日本語教師は、学生から世界中の様々なものをもらいます。学生がよく「先生、お土産です。」と言ってお土産を渡してきます。中国の月餅、ベトナムのベトナムコーヒー(砂糖がたっぷり入っていて甘い)、サウジアラビアのデーツ(なつめやしで作られた甘いお菓子)など今まで世界各地の様々なものをもらいました。海外のお菓子は甘いものが多く、甘党の私にとってはうれしい限りです。

また、あるクラスで私の誕生日に授業に入っていたところ、休み時間に学生が「先生、誕生日おめでとうございます。」といってケーキを渡してきました。聞けば、クラスのみんなで授業の前に買ってきたそうです。授業中にちらっと言っただけの私の誕生日を覚えてくれたこと、教師の誕生日にわざわざケーキを買って来てくれた優しさに感動し、少し涙が出そうになりました。

私たちが思っている以上に、日本語学校の学生は教師を信頼し、頼りにしています。これからも学生に信頼される日本語教師でありたいと思います。(松本)

教室で教える生活ルール・マナー

学生達が入学したばかりの頃、授業終了のチャイムが鳴り、「先生、また明日」と足早に去っていこうとする学生達に「椅子をしまってください。」「ごみをごみ箱に捨ててください。」と毎日呼びかけていました。

その当時、授業後の教室は、椅子が全部出ていたり、机の上には消しカスがあったりしました。また、机の中にはゴミが入ったコンビニの袋が入っていました(なぜか机に袋が結び付けられていることが多い)。学生たちは悪気があってやっているわけではなく、使った場所をきれいに戻す習慣がまだ身についていなかったのです。

そんな学生達も毎日言われるうちに、「使った場所をきれいにする」意識を持つようになり、今では何も言わなくてもできるようになりました。

ごみの分別も同様に、最初は燃えるゴミも燃えないゴミも資源ごみも全て同じごみ箱に捨てていましたが、何度も注意していたら、「日本のゴミの分別は面倒くさいです。私の国では分別はしません。」と文句を言いながらも、ちゃんと分別するようになりました。

「使った場所をきれいにすること」や「ごみの分別」は日本人にとっては当たり前のことかもしれません。しかし、外国人にとっては当たり前ではないことなのです。

日本語学校で教えることは日本語だけではありません。学生が日本で暮らしていくうえで必要な生活ルールやマナーもできるだけ教えるようにしています。これらを教えることでいろいろな国の文化を学生から学ぶこともできることに、日本語教師という仕事のおもしろさを感じます。(太田)

台湾マダムの夢

台湾にいたころ、財閥系家族の若奥様の家庭教師を務めていました。30歳を過ぎてから日本語の勉強を始めたという奥様は、賢いうえに努力家であり、新しい言葉や言い回しを書き留めておくための単語帳やノートをいつも持ち歩く熱心さで、私とのレッスンを始めたときは、既に独学で日本語能力試験N2(日本の専門学校に入れる程度のレベル)に合格していました。

ある日レッスン中にマダム(以下「マダム」と称す)のケータイが鳴り、「ちょっと失礼」と言って出ていったマダムは、席に戻るなり「失礼いたしました。アメリカの倅からでしたので」とにっこり。マダムの息子さんはボストンの寄宿学校の高校生で、マダムは40代そこそこの美しい夫人です。

「奥様。セガレはだめです。そこは息子で」というと「あら」と意外そうな様子で「息子よりもっと謙遜した言い方だと思っていました」「どこでお聞きになりました?」「先週銀座のお寿司屋さんで」。和食をこよなく愛するマダムは、お寿司を食べるためだけに飛行機で東京まで行ってしまうことがよくあったのです。「間違ってはおりません。でも江戸っ子のすし職人の話す言葉と良家の奥様が話す言葉は違いますからお気を付けください」「知りませんでした。やっぱし先生に聞かないとだめですね」「やっぱしもダメです。やはりとお言いください」。異国で日本語を教えるとき、相応しい場面で相応しい使い方ができるように教えるのはなかなか大変なことです。異国にいながらいかに自然な話し方を身に付けてもらうかに気を使いました。

私が日本に帰ることを告げたとき、マダムは「先生がいらっしゃらなければ私は彷徨ってしまいます」と大げさな表現で別れを惜しんでくれました。日本人と間違われるくらいの流暢な日本語を身に付けたいというのが、マダムの長年の夢でした。子育てを終えられたら千駄ヶ谷サマーコースにきっと来ると約束してくれたマダムと、ここで再会できる日を心待ちにしています。(大場)

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00〜17:30(日・祝日除く)