トップページ > コラム・ミニ知識 > 日本語教師こぼれ話 > 2018年

 

日本語教師こぼれ話 2018年

初恋はいつですか

私「みなさん、初恋はいつですか。」
学生たち「まだです!!」

高校、あるいは大学を卒業した年齢の人が何人も、もしこのように答えたら、みなさんはどうお思いになるでしょうか。
日本語クラスの中で若干の笑いとざわめきが起きた後で、
「せ……先生は…?」
「私?8歳です。」
「ええええええ!!!!!!!!八?ハチ?じゅうはち??はち??」
と指で8を作るなど、驚きと困惑の表情で教室が少しパニックのような状態になります。

そこで、
「みなさん、初恋というのは、どういう意味ですか。」
「えっと…初めて…恋人がいます。」
「そうですか。みなさんの国では、初めて恋人ができたときが『初恋』なんですね。日本では、初めて好きな人ができたときが『初恋』です。恋人にならなくても『初恋』です。」
「お~~~~~~。」
と目を大きく開き、深く頷く学生たち。パニックも収まります。
この日は、また違った思わずう~ん…とこちらが頭を抱えてしまうような話題が出てきました。

これは中国・台湾・香港など、漢字圏の学生を対象とした漢字クラスで、「初」の漢字を勉強したときの話です。学校では週に1~3回程度、漢字のクラスがあります。 漢字圏の学生が日本でも漢字を学習する目的は、
①日本の漢字を学ぶ(国の漢字を書いても日本人は分からないため)
②日本語の読み方を知る(漢字圏の学生は、漢字を見れば意味が大体わかりますが、読み方がわからなければ聴解問題や会話の際に分からないため) ③日本語の意味を知る(同じ漢字でも意味が異なることがあるため)
があり、今回のケースは③に当たります。
「同じ漢字を書きますが、意味が違うんですね。」
このように、折に触れ漢字を学ぶ目的を意識させながら授業を進めるようにしています。

意味の違いが分かったところで、もう一度。
「では皆さん、初恋はいつですか。」 「う~~ん、7歳!」「13歳!!」「まだです!!!」(それでも!?)
と、告白大会が始まるのでした。(吉川)

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00〜17:30(日・祝日除く)